アーネストの暮らしに&⁺~新しいキッチンを選ぶ日のために~最適な通路幅って?~

キッチンの使い勝手を左右することの1つに通路幅があります。新築やリフォームでキッチンを計画するなら暮らし方に最適な通路を確保したいですよね。

ただ、広すぎても・狭すぎても使いにくいのが難しいところです。今回は、キッチンの最適な通路幅を決める方法や注意点をご紹介します。

 

キッチンの通路幅の目安

家族構成やライフスタイルによって最適な通路幅は異なりますが、目安としては80cmから140cmで設計するのが一般的です。

人が動くための領域には目安となる寸法があります。まず、人の肩幅は45cmが基準となり、人1人が歩くために必要な通路幅は60cmで、物を持って歩くために必要な通路幅は75cmと言われています。

キッチンまわりはもちろん歩きまわるだけではありません。

キッチンで調理をするときにはかがんで物を取り出したり、奥行きの深い引き出しを開けたり、さまざまな動きを想定して設計することが必要です。

歩けるだけの通路幅で計画すると、実際にキッチンを使っているときに家族が冷蔵庫を開けにきてぶつかったりと、狭いと感じてしまうこともあります。

反対に、広すぎるとどうでしょうか。

食器棚や家電収納からモノを取り出すまでに二歩・三歩とかかったり、遠いと無駄な動きが生まれて家事効率が落ちてしまうんです。

 

 

キッチンの通路幅を決めるためのポイント

①家族構成で考える

キッチンで一度に作業する人は1人ですか?それとも2人ですか?

2人でキッチンに立って調理をする通路幅の目安は、最低90cm必要です。これは作業中の人が幅30cm、歩く人の幅を60cmと考えた場合です。

家族みんなでキッチンに立ち、わいわい調理をする場合は少しゆとりを持って通路幅を設計することをおすすめしています。

 

➁キッチンまわりの動線で考える

動線とは建物の中で人が動くルートのことをいいます。

キッチンの通路幅を決めるときには、別の部屋からキッチンへ移動するための動線も考慮すると理想に近づきますよ。

 

③背面の冷蔵庫や家電収納で考える

お使いになる冷蔵庫や背面収納の食器棚の奥行きや扉を開くスペースを考慮することが大切です。

一般的に開き扉や引き出しタイプが多いですが、引き出しの方が前に出てくる幅が多いので、寸法を測っておくとより安心です。

 

④引き出しや食洗機の出幅で考える

とび出てくるのは背面側だけではありません。

キッチン本体に付属する収納や設備の寸法についても考えておきましょう。

現在、キッチンの収納は引き出しタイプが主流です。リフォームで開き扉のキッチンを引き出しタイプに交換すると、通路が狭いと感じる可能性があります。

「スペースが足りない!」ということがないよう、こちらも事前に確認しておくようにしましょう。

 

➄ワークトライアングルを考える

理想的なキッチンを実現するには、作業効率の良さも大切なポイントですよね。

ワークトライアングルとは、キッチンの冷蔵庫・コンロ・シンクの3つを結んだ作業動線のことです。

キッチンの通路幅をかなり広く取っていると、必然的にワークトライアングルも大きくなります。あまり大きいと作業効率が悪くなってしまうので、通路幅を見直すか、各設備の配置が近くなるように調整すると良いでしょう。

 

新築はもちろん、キッチンリノベーションするときは、キッチン本体だけでなく通路幅もしっかり計画すると理想のキッチン空間になりますよ。

ZEHビルダー

アーネストホームは ZEHビルダーとして、これからもZEHの普及に努めてまいります!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

アーネストホームの ZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は75%
2024年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は50%
2023年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は50%
-------------------------------------------------------------------
2022年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は0%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2018年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2017年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は75%
2016年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%

MENU
ページトップへ戻る