暮らしに&⁺~お風呂&保湿で健やかに過ごしましょう!~

寒さが一段と厳しくなる時期から、気温の変化が大きくなったり、朝晩の寒暖差があったりと、特に体調管理が大切になりますね。

そんな中、お風呂に浸かることは、体調を整えるうえで効果的です。

お風呂に毎日浸かって温まると、血流がよくなり、新陳代謝が活発になったり、筋肉の痛みの緩和が期待できるそうです。

何より、リラックス効果が得られることが大きいですね。

 

オススメのお風呂の浸かり方

お風呂の温度ですが、寒いとつい、温度を高めにしていませんか?

たとえば、42度以上にすると、交感神経が高くなり、緊張状態になり、血圧の上昇につながるそうです。

そこでおすすめなのが、38~40度。

体に負担がかからず、筋肉もゆるんでリラックスできます。

ぬるく感じるかもしれませんが、ゆっくり浸かると、体がぽかぽか温まりますよ。

入浴は10分~15分ほど浸かるのがおすすめです。

 

また、だんだんと花粉症も気になる時期。

お風呂で鼻からゆっくり湯気を吸って口から吐く深呼吸を数回することで、鼻詰まりの緩和が期待でき、鼻とのどを保湿してくれる効果もあります。

朝風呂が好き、という人もいますね。

体がシャキッとして良いところもありますが、朝が寒いこの時期は、ヒートショックの危険もあります。

どうしても入りたいときは、事前にシャワーのお湯や、浴室暖房などで浴室を温めてから入りましょう。

湯上りに脱衣所が寒いのもヒートショックの原因になりやすいので、脱衣所も暖めておくと安心です。

 

 

入浴剤や保湿アイテムで気分快適&うるうる肌に

illustration-of-a-cosmetic-woman-vector-id989846670 (416×416)

入浴剤もお風呂を楽しむ大切なアイテムです。

お肌が乾燥しがちな時期でもあるので、ミルク状の保湿入浴剤を使うのもおすすめ。

最近、ドラッグストアなどでよく見かける重炭酸入浴剤も気になります。

一般的な炭酸入浴剤と同様、温室効果を高めたり、疲労回復が期待できるのはもちろん、洗浄効果を高めることが特徴。

古い角質を取り除き、お肌がしっとりとします。入浴剤の効果が長く持続することも魅力です。

 

また、気分に合わせて香りを選んでみるのも楽しいです。

柑橘系はリフレッシュ効果があります。

入浴剤はもちろん、みかんやゆずの皮を不織布の水切りネットやランドリーネットに入れて、フレッシュな香りを満喫してもいいですね。

ゼラニウムやティーツリーなどは、心安らぐ香りで癒されます。

 

湯上り後は、保湿も大切。

保湿アイテムはここのところ、体が濡れたままで使えるボディオイルが、保湿効果抜群と注目を集めています。

マッサージを兼ねて塗ることで、体がさらにほぐされるそうです。

一般的には、湯上り後すぐにクリームやオイルなどを塗ることで、乾燥防止に。

毎日続けることが大切だと言われていますよ。

young-woman-massaging-her-leg-isolated-on-white-background-beauty-vector-id1150755764 (479×359)0000053_baby_oil-320x320.png (320×320)

 

ZEHビルダー

アーネストホームは 6つ★のZEHビルダーとして、これからもZEHの普及に努めてまいります!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

アーネストホームの ZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は75%
2024年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は50%
2023年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は50%
2022年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は50%
-------------------------------------------------------------------
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2018年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2017年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は75%
2016年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%

MENU