SW工法リフォーム

私たちの健康・快適な暮らしのために
断熱リフォームを実現


見た目以上に大切な断熱・耐震に優れた断熱リフォームです。
現在、省エネ基準に満たない住宅は、日本の家の90%を占めています。

省エネ基準に満たない家とは、「冬の寒さをガマンしている」という暮らしの問題も抱えています。

断熱性の低い住宅における、暮らしの3大リスクとは・・・・
・暑さ寒さによる「快適性」の低下
・室内温度による「健康」リスク
・結露を原因とした「建物劣化」のリスク

健康・快適な暮らしをおくるために、トップレベルの断熱性能・こだわりの気密性能を目的に、
天井・床・開口部断熱やSWリフォームパネルなどのリフォームを行うことで高性能住宅を実現します。

 

【特長】

断熱性能診断から改修計画をご提案

適切な断熱改修には、高精度な断熱性能の診断が不可欠となります。
SW工法リフォームでは、専門家によって、現在のお住まいの断熱性能を測定・診断し、最適な断熱改修仕様をお施主様にわかりやすくご提案します。


壁断熱

断熱材には、最高水準の断熱性能を誇る、硬質ウレタンフォームを使用しています。
断熱材区分トップレベルの硬質ウレタンフォームは、熱伝導率0.019 W/m・K。
外張り断熱の効果で、柱などの木材が熱橋とならずに高い断熱性能を発揮します。


 

天井断熱

住まいながらの断熱改修を可能にする吹込み用グラスウールはリフォームでの天井断熱に最適です。
天井への負荷が少なく、小屋裏空間に断熱材を厚く充填することが可能です。
※IBEC 優良断熱施工システムの認定工法です。


床断熱

床下の断熱改修に最適な吹付け硬質ウレタンウォームは落ちずに密着します。
床組の隙間を埋めることができるので、気密を高めるのに適した仕様です。
※IBEC 優良断熱施工システムの認定工法です。

全棟気密測定を実施

住宅のすき間がどれだけあるかを調べる気密測定を行ない、家のすき間をどれだけ減らすことができたかをチェックしていきます。


性能報告書発行

お引き渡し時には、住宅の断熱改修の効果が記載された性能報告書などをお渡しいたします。
「エアコンの効きが良くなった」など感覚的なところで実感いただけると思いますが、
性能報告書を補完いただくことで、住宅を再活用する際に説明責任を果たすことにも利用いただけます。

 

SW工法リフォームは
トップレベルの断熱性能・気密性能を目指した住宅を
リフォームで実現することです


まずはお住まいのお家の状況の調査から!


既存住宅はそれぞれ状況が違います。まずは建物の状況(工法、外装、躯体、劣化状況等)を調査させていただき、
お客様のご希望に沿いながら断熱リフォームのご提案をさせていただきます。

ぜひ、お気軽にお問合せください

    お問い合わせ内容をお選びください
    (複数回答可)

    お名前

    ふりがな

    メールアドレス

    ご住所

    電話番号(携帯電話可)

    備考

    ※確認画面はございません。今一度、入力内容をご確認ください。

    確認しました

    プライバシーポリシー

    MENU