アーネストの暮らしに&⁺~熱中症のリスクを避けましょう~

真夏以外でも酷暑の日々があるなど、熱中症のリスクがある日が多くなってきています。

しっかり対策をして、これからの季節を健康に乗り切りましょう。

 

思い込みにとらわれず、熱中症対策をしましょう

今や、夏に限らず、暑い日が多くなってきましたね。そこで気を付けなければならないのが熱中症。

普段から対策が必要なのですが、こういった経験はございませんか?

のどの渇きを感じない

夜中にトイレに行くのが面倒なので水分補給をせずに就寝する

 

熱中症は自宅で起こることも多く、特にお子様や年齢を重ねられた方は自覚症状が現れた時には熱中症が進んでいる場合もあります。

熱中症のリスクを避けるためにも、のどが渇いていなくても、面倒でも水分は必ず補給することが大切!

1時間にコップ1杯程度取りましょう。ちなみに水はキンキンに冷えたものは避けた方がベター。

胃腸に負担がかかり、急激に体を冷やしてしまうことも。だいたい5~15度くらいがおすすめです。

その際には、塩分補給も大切です。梅干しや塩気のあるお菓子でもいいので手軽なものを取り入れましょう。

ソース画像を表示ソース画像を表示

 

 

エアコンは体が冷えるから

特に暑さを感じないから使わない

こんな考え方も要注意です!!

 

外が暑い日はエアコンを使って、室温の上昇を抑えることが大切。

特に、危険な暑さが予想される「熱中症警戒アラート」が発表されたら、無理な外出は控え、エアコンを使いましょう。

ほかに、すだれやカーテンブラインドなども使い、直射日光を避けながら換気を適度にすることもおすすめです。

エアコンは、クーラー病を抑える為にも体に直接当たらないよう、風向きを調整するといいですよ。

もしエアコンなどが壊れてしまい、使えないときは冷たいタオルやや保冷剤をガーゼなどに包んで冷やしましょう。

ぬるま湯のシャワーも効果的です。

ソース画像を表示ソース画像を表示

こんな思い込みや状態も危険です。

暑さに強いから大丈夫

汗をかかない

暑さは体内の水分と体力をどんどん奪っていきます。

 

暑さに慣れる体づくりと体の内部を効果的に冷やす

最近、話題になっているのが「暑熱順化」。暑さに体を慣らすことで、適度に汗をかくと、体温の上昇が抑えられるので、普段からウォーキングなどの運動をし、汗をかくことを意識することが大切。

汗をかいたら水分と塩分を補給する習慣を身につけるといいですね。

アイスラリーで体を冷やすことも熱中症対策になります。

アイスラリーとはシャーベット状の氷飲料のことで、体の内部から冷やすことができると注目され、スポーツ飲料を扱うメーカーからもアイスラリー飲料が発売されるなど、浸透しつつあります。

家にいるときはもちろん、スポーツの時にもおすすめですよ。

ソース画像を表示ソース画像を表示

ぜひご自身にあった暑さ対策で、健康にこの夏をお過ごしください。

ZEHビルダー

アーネストホームは 6つ★のZEHビルダーとして、これからもZEHの普及に努めてまいります!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

アーネストホームの ZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は75%
2024年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は50%
2023年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は50%
2022年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は50%
-------------------------------------------------------------------
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2018年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2017年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は75%
2016年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%

MENU