SDGS

私たちの取り組み

アーネストホームの取り組み

私たちアーネストホームは、建築業として家づくりを通じて、
持続可能な社会の実現と美しい地球環境の保全に向けた取り組みをしています。

「SDGs(持続可能な開発目標)とは」2015年9月の国連サミットで採択された 「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。 17のゴール・169のターゲットから構成された地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

敷地内に寄付型自動販売機を設置し、今を生きる子供たちが健やかに成長を育むための衣食住を確保していくための未来応援ネットワークに協賛しています。

ともに新しいことに挑戦し、感動できることをやりがいに働く「志事」を目指し、性別・年代に分け隔てなく、スタッフ全員が活躍の場を広げ、スキルアップしいきいきと輝ける職場環境づくりに努めています。

温熱環境の優れた住まいを通じて、小さなお子様から高齢者の方までが健康で生活できる環境つくりに努めています。

住宅建設時、居住時のエネルギーの消費を抑える工夫。またパッシブデザインにより暖冷房負荷を減らし、ゼロエネルギー住宅の普及に努めています。

建物自体の性能とメンテナンスのしやすさ、世代を超えて長期にわたり、安心・快適に優良に住み継いでいける家づくりをしています。

住宅建設時に排出される廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用に努め、廃棄物の発生を大幅に削減していきます。

住宅建設時に資材や資材調達、建設工法を工夫。また断熱・機密性能の高い住まいで温室効果ガスの排出を減らします。

私たちは家づくりを通じて、豊かで快適・安心な暮らしと価値をお客様とともに創造していくことを理念とし、協力業者と共に未来の人々も幸せに生きられる自然と共生した持続可能な社会の実現を目指します。

ZEHビルダー

アーネストホームはZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

アーネストホームの ZEH普及実績と今後の目標

2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2018年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2017年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は75%
2016年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%

MENU