気密・断熱に優れた家は、部屋中の温度差が少ない!!

気密性能がよい

住まいには見えない隙間が存在しています。隙間が多いほど室内空気の流出入が大きくなり、
快適な室内環境を保つことができません。当社では1棟1棟の気密検査を実施しています。

高気密・高断熱で健康と省エネのくらしを!!

気密・断熱性にすぐれた&+の家は、部屋間の温度差が少ないだけでなく、部屋の上下の温度差が少ないことも実証されています。

エアコンが効いている暖かいリビングなのに、なぜか足元が寒いといったことがなく、床に座って遊ぶ小さなお子様に寒い思いをさせることもありません。

また、吹き抜けや高天井の空間においても、上下の温度差が少ないため、暖房効率を心配する必要がありません。

もちろん夏場も同様に、部屋の隅々まで快適な室温を保ち続けます。


基礎断熱で家全体を快適な温度に保てます

基礎断熱とは、床下空間も室内空間のひとつとして考え、基礎内部をぐるっと断熱材で覆います。そして床下からの熱を伝わりにくくし、床下からの換気をなくし、床下空間を暖かく保つ工法です。基礎の立ち上がりで断熱をするため床下の温度と同じになるので、基礎断熱には大いなるメリットがあります。

基礎断熱のイメージ ▲壁面温度熱画像による部屋の上下温度差の比較
基礎断熱のイメージ

快適な温熱環境つくるスーパーウォール(SW)工法

高性能な硬質ウレタンフォームを使用したスーパーウォールパネルを使用し、さらに高断熱サッシ、高性能ガラス・計画換気システムを標準仕様としている家づくりなので、優れた断熱機能が生まれ、健康で快適な暮らしを実現します。

スーパーウォール(SW)工法高性能な硬質ウレタンフォーム

全棟気密測定を実施!!

気密性能(C値)は実測をしなければわかりません。&+の家は1棟1棟気密測定を必ず実施いたします。
高気密住宅の目安となるC値2.0を超えるC値1.0を基準とし、全棟において高気密住宅を実現しています。また、断熱性能と合わせて性能報告書を発行いたします。


気密性能を比べる数値

省エネルギー規準では気密性能の規定がありませんが、断熱性を発揮する上でとても重要です。

C値(すきま相当面積)

断熱性を比べる数値

建物の性能は壁や窓といった単体の性能では比較できません。壁、窓、床、天井といったトータルの「外皮」としての性能を比較する数値です。

U値(外気平均熱貫流率)
気密測定の様子 ▲住宅の構造体と開口部(サッシ・ドア)の工事が完了した段階で、一棟一棟、気密測定を実施しています。

REASON

アーネストホームが選ばれる理由

ZEHビルダー

アーネストホームは ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

アーネストホームの ZEH普及実績と今後の目標

2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2018年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2017年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は75%
2016年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%

MENU