&+の家は最高等級の耐震等級3・耐風等級2を標準設計

高耐震&制震装置+高耐風

大規模な地震への備えとして、最高等級となる耐震等級3を標準設計。消防署や警察署など防災の拠点となる
建物と同等の基準で、より安全性の高い住まいが実現できます。また、揺れを抑える機能を取り入れた制震仕様パネルを採用。

さらに暴風時から守る耐風等級2を標準設計しています。

&+の家は防災拠点と同等の安心性

住宅の耐震性能は、国土交通省が2000 年に定めた住宅性能表示制度の中で、耐震等級として示されており、建築基準法では極めてまれに( 数百年に一度程度)発生する地震でも、倒壊しない程度の耐震性を等級1としています。

しかし、専門家の間では等級1では不十分であるという意見もあります。

&+の家は大規模な地震への備えとして、最高等級となる耐震等級3を標準設計。

消防署や警察署など防災の拠点となる建物と同等の基準で、より安全性の高い住まいが実現できます。

耐震・耐風 等級のイメージ

6面体の一体化構造である強靭なモノコック構造が、地震による力を分散します。
&+の家は壁・床・天井が一体化した箱形を構成するモノコック構造。
航空機や自動車ボディの技術から発達した構造で、大きな外力にも変形しにくい特徴を持ちます。
住宅においては地震や台風などの外力が接合部などに集中しにくく、建物全体に分散するため、ひずみやくるいに強さを発揮します。

一般的な在来工法(筋交い補強) ▲一般的な在来工法(筋交い補強)
&+の家(モノコック構造) ▲&+の家(モノコック構造)

&+の家は110年の耐久性!!

&+の家はさらなる安心・安全のために、揺れを抑える機能を取り入れた制震仕様パネルを標準採用。

地震による建物の揺れ幅を比較すると、非制震住宅に比べ制震住宅の揺れ幅はなんと約1/2。

高耐震+制震仕様で大きな地震・くり返す余震から、ご家族や大切な財産をしっかりと守ります。


3者での共同研究で実現!!
ビル用の粘弾性体を住宅用に
粘弾性体を両面テープ状に加工し、柱・梁と面材の間に挟み込むことで、大地震時の損傷を極限まで抑えられる住宅用制震システムを開発しました。

制震テープ
SWパネルの構造イメージ
制震テープは110年後も制振性能を維持 ▲制震テープは、防災科学技術研究所、東京大学、清水建設の共同研究により開発された、アイディールブレーン(株)の製品です。

REASON

アーネストホームが選ばれる理由

ZEHビルダー

アーネストホームは ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

アーネストホームの ZEH普及実績と今後の目標

2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%
2018年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2017年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は75%
2016年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%

MENU